3年生 ことばのきまり1 文のくみたて、つなぐ言葉、指ししめす言葉、ていねいな言葉

3年生の言葉のきまりの基本的な問題です。

「ことばのきまり」をしっかり学習しておくことで、文章を読むときに理解しやすくなります。

今後中学受験を考えている場合は、3年生のうちからしっかり学習しましょう。

保護者の方へ  ことばのきまりの学習のポイント

ことばのきまりは、将来、説明文や論説文を書くときにとても重要な単元となります。

説明文や論説文は論理的な文章で書くことが求められます。それでは、論理的な文章とはどのような文章でしょうか。そもそも論理とは何のことでしょうか。

論理とは、文と文、段落と段落のつながりのことです。文と文とを正しくつなげながら(=論理的に)文章を書いていくことによって読む人もその文章を納得することができます。論理的に文章を書くためにはことばのきまり(国文法)を守って書くことが大切です。そのなかでも 接続語の使い方や指示語の使い方が適切であるかに注意しなければなりません 

小学校3年の国語で学習することばのきまりは作文を上手に書くことができるか、どうかに直結します。しっかりと習得してください。

小学生の作文通信講座




小学生×国語力=お子さまの未来を変える!
無料体験キットプレゼント中!

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

*問題は今後追加していきますので、しばらくお待ち下さい。

文のくみたて

thumbnail of bunnokumitate1 thumbnail of bunnokumitate2

 

文をつなぐ言葉

tunagukotoba1のサムネイル tunagukotoba2のサムネイル tunagukotoba3のサムネイル

 

指ししめす言葉

sasisimesukotoba1のサムネイル sasisimesukotoba2のサムネイル sasisimesukotoba3のサムネイル

ていねいな言葉

teineinakotoba1のサムネイル teineinakotoba2のサムネイル teineinakotoba3のサムネイル

 

次の記事

九九のひょう