小1 正しいかき方3 ひらがな のばす音

ひらがなの のばす音(長音) の使い方の問題です。

のばす音のきまりは、最初につまづきやすいところなので、プリント練習でしっかり覚えていくようにしましょう。

学習のポイント

のばす音には次のようなルールがあります。

ただし、1年生ですと母音の概念は分かりづらいので、音読した時の音と比べながら書く練習をしていくことをおすすめします。

①あ列の長音 あ列の仮名に「あ」をそえる。

おかさん おばさん

②い列の長音 い列の仮名に「い」をそえる。

おにさん おじさん

③う列の長音 う列の仮名に「う」をそえる。

き せんぷき ふせん

④ え列の長音

おねさん は「え」をそえる

* これ以外は  せんせ えが せんべい など「い」をそえる。

⑤ お列の長音  お列の仮名に「う」をそえる。
おとさん  とふ  そじき

*ただし「お」を使う例外がありります

かみ ころぎ おきい こり とる など

「お」を使う言葉を下の歌を音読して覚えるようにしてください。

とおくの(遠くの) おおきな(大きな)
こおりの(氷の)  うえを(上を)
おおくの(多くの) おおかみ(狼)
とおずつ(十ずつ) とおる (通る)

下の言葉も加えてアレンジしてみましょう。

こおろぎ ほお ほのお ほおづき



練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

のばす音「お」と「う」

nobasuonotouのサムネイル

のばす音 練習

hiragananobasuon1のサムネイル hiragananobasuon2のサムネイル hiragananobasuon3のサムネイル