時こくと時間 計算のやり方

時こくと時間の計算のやり方を考えるプリント問題です。

時計の図を見ないと、何分後や間の時間が分からない状態では、問題を解くのに時間がかかってしまうので、できるだけ早く自分なりに計算できるよう身につけてください。

計算の考え方が2種類あるプリントを作ってみました。

例)3時45分から5時10分までの時間

考え方1では

3時45分→4時まで 15分  4時→5時まで1時間 5時→5時10分まで 10分

15分+1時間+10分=1時間25分 というように 区切りの時間を足しています。

考え方2では

5時10分−3時45分 のひき算のやり方を考えていきます。

10分−45分はそのままひき算ができないので、 5時から1時間=60分 を借りてくるという考え方をしなくれはいけません。

5時10分=4時70分と考え 4時70分−3時45分=1時間25分 と考えます。

これは時計の計算の筆算 の考え方でも使います。中学受験を考えている場合は筆算で計算出来るようにした方がいいでしょう。

また、中学受験を考えている場合は、簡単な時計の計算は暗算ですぐ分かるレベルにする必要があります。

これ以外でも、わかりやすい方法で計算して構いません。

ひっ算で時間のたし算、ひき算をもとめる練習プリントはこちら

 計算の考え方はいろいろありますので、お子さんがやりやすい方法をまずは身につけてください。 

小学 算数時こくと時間 5分間復習ドリル: ぐんぐん基礎力アップ! (小学5分間復習ドリル)

新品価格
¥518から
(2016/4/30 20:25時点)

時こくと時間に特化した問題集です。

時こくと時間 計算のやり方1

何分後、何分前の計算のやり方を考える問題です。

thumbnail of keisan1_1 thumbnail of keisan1_2

 

時こくと時間 計算のやり方2

何時何分と何時何分の間の時間を求める問題。

thumbnail of keisan2_1 thumbnail of keisan2_2

時こくと時間練習1

何分後、何分前の問題

thumbnail of keisanrensyu1_1 thumbnail of keisanrensyu1_2

時こくと時間練習2

何時何分と何時何分の間の時間

thumbnail of keisanrensyu2_1

ひっ算で時間のたし算、ひき算をもとめる練習プリントはこちら

(Visited 19,091 times, 1 visits today)

時こくと時間 計算のやり方” に対して 2 件のコメントがあります

この投稿はコメントできません。