お子さんに合った学習時間を考える

 最近は低学年のうちから、家庭学習の時間を増やそうと躍起になる親御さんが増えているようです。

しかし、低学年のうちから、勉強を強制しすぎると勉強嫌いになってしまったり、受験の時に燃え尽きてしまうケースも増えています。

逆に、全く家で勉強する時間習慣をつけていないと、学校の勉強についていけなくなった時に、どうしていいか分かない、勉強の仕方が分からないままにもなってしまいがちです。

 大切なのは「お子さんの状況に合った学習時間」を考えることです。

家で勉強勉強するのが好きで苦にならないお子さんでしたら、長時間学習しても構いません。
勉強出来る時に、好きなだけ勉強させてあげましょう。

しかし、勉強するのが苦手、机に向かっていてもすぐに飽きてしまうお子さんに、無理に30分机の前に座らせても、効率が悪くなるだけす。
この場合は、短時間で上手く学習出来るように工夫してみてください。

5分計算ドリルをやったら休憩。5分漢字ドリルをやったらテレビを見る。テレビを見終わったら、学校の宿題をやると、細切れでいいので、1日にやることを決めて、それをきっちり終わらせる習慣をつけていきましょう。

いろいろな学習機会をあたえる

低学年のうちは本を読む、自然にふれるという時間も大切になります。机の前に座ってやる学習以外に、お子さんが興味を持てる勉強法を考えて欲しいと思います。

〔すがわら式〕小学生の学力は、この「家庭学習」で驚くほど伸びる!

新品価格
¥1,512から
(2016/5/19 23:05時点)